【閲覧注意】「ブログ」や「SNS」に発生するクソリプってなんだ?

Twitter、Instagram、Facebookに現れる「クソリプ」の正体は、“想像力”と“洞察力”に欠けた○○

数日前のアメーバニュースで見つけた「クソリプ」に関するエントリー。

これを何度も読み返しています。

ニュースの内容は、SNSの「空気読めないユーザー」をについて触れたもの。

よく見聞きしますよ。
ネットのあちこちで。

例えばこんな会話がクソリプにあたります


Twitterである女性がつぶやきました。
「ダイエット中だからソイラテにハチミツにした~💔スタバのさくら&ストロベリーが飲みたいよ~」

すると、大抵の人はその投稿に対してこんな風に感想など述べます。

「ダイエットがんばれ~」
「ブロッサム&ストロベリー気になるよね~」
「スタバの2016年春の新メニューだもん気になるよね!」

などなど。

いわゆる「クソリプ」になってしまうのはね…

そんなやりとりが交わされているのがSNSです。

「投稿の内容に触れている」から会話になっています。

その中で、全然会話にならない一方的な言葉を送りつけることは…?

元のツイートに対してこんな風に話しかける人をどう思う?

「おはよう。○○県は晴れてて気持ちいいよー」
「@○○、今日もかわいいねー!僕は今日は朝から△△に営業に行くから、直行だよ!ファイト!ファイトー!」

…ニュアンス伝わりますか?

この場合の○○県は、スタバのツイートをした女性の居住地や勤務先とは全く関係ない場所です。

リプライした男性の住んでる場所とか、仕事先など、話しかけた側に関係のあるところを指しています。

※リプライとはTwitterやInstagramで@つきで話しかけること

「かわいいね」発言後に書かれたことは、男性の予定や都合です。

いわば日記。
本来、自分のツイートに書くような内容で。

この、“話が噛み合っていない違和感”が、スタバの話題を出した女性にとっては「???」となります。

そんな状態が何度か続くと、「なんとなく腑に落ちない」もやもやした思いが募ります。

「この人、どうして自分のことばっかり、一方的に話しかけてくるの?」と。

「私に話しかけてこないでよ」
「ブログに書いてろ!」

…そう思われたら末期です。

最悪ブロックされたり、スルーされたりするようになります。

どちらも悪気はないのに。
なんだかとっても悲しいですね。

クソリプ、クソアカウント扱いになる原因、そして正体。

それはこんなささいなやりとりの積み重ねから生まれます。

双方が悲劇っていえばいいんですかね。

話が噛み合っていないからの悲劇

「会話になっていない」
「内容に触れていない」

これが、「自分のことしか話さない、自分本位な人」の印象を持たれる要因になります。

マイナス要因、要素。
良くない印象。

だから興味を持たれたくないのに、しつこく絡んでくる。話しかけてくる。

「クソリプ送るな」
そう思われたら悲しいですよね。

ならば、想像力を持ちましょう。

相手の人がどんな気持ちで発信したか。
考える数秒の時間をを持つことです。

それがクソ認定されないSNSでの振る舞いのコツかもしれません。

相手の発言に脊髄反射しないで、真意をちょっと考えてみましょ?

「ひとりごとをつぶやいてる」
「同じ話題で盛り上がりたい」
「発見したことをシェアしたい」

自分の“繋がりたい”という気持ちよりも先に、「相手が何を思っている発言か」を尊重しましょ。

あっ、これ、Twitter、Instagram、Facebookだけじゃなくって、ブログも一緒です。

ブログはコメント欄含めて、相手と相手のテリトリーにお邪魔する空間です。

自分のことだけを書いていいところじゃないんです。

どんなSNSでも、土足で他人の家に上がり込み、勝手に冷蔵庫開けてイカの塩辛をアテにヱビスビールを飲むような行為は慎みたいものです。

かしこ

空条れいれい


空条れいれい:製作委員会

Webサイトの執筆と編集をしています。
PERLU(プルル)公式ライター。
BijinPLOFILE(ビジンプロフィール)所属。

最近は、映画、ドラマ、WebCMに出演することも。

日本一、ネットのあちこちに出没しています。
Twitterのトレンドキーワードと、はてなブックマークを巡回するのが日課。

美容室、コスメ、マンガ、アニメ、ライフハック好き。
アラサーで2児の母。

れい2ちゃんねる

れい2ちゃんねる管理人「空条れいれい」をフォローする

0コメント

  • 1000 / 1000