雑誌に掲載されることによる変化

今の雑誌は、紙媒体と電子書籍版があることが多いので、思っている以上に人の目にとまります。

先月2月23日発売のGINGER4月号にご掲載いただきました。

30歳流行白書と言ってコーナーで、「Webの達人」として買物アプリについて回答しています。

定期連載のコーナーなためか、GINGER経由でアメブロへの読者登録があったり、「Webの達人」として取り上げていただく機会が増えました。

媒体に掲載される意味は、その後の変化なのかなと、ふと感じました。

マスコミ登場の方法  Ownd

雑誌に掲載される意味は大きい

友人が月刊雑誌に掲載されました。

女性の総合雑誌「GINGER」(幻冬舎)4月号の187ページです。

WEBライターの空条れいれいさん。

「今月のイチ押しアプリ」を「WEBの達人」という立場で回答しています。

この月刊雑誌に出る意味はとても大きく、価値が高いのです。

・雑誌社から「達人」と認められている

・月刊雑誌は捨てられない媒体(保存される確率が高い)

・次の取材が舞い込む基盤になる

まだまだありますが、どのメディアに出るのかも大きい。

空条れいれいさんが回答した「GINGER」は落ち着いていて洗練された雑誌です。

理想的なマスコミ登場です。


https://arakawatakeshi.amebaownd.com/posts/571001
空条れいれい:製作委員会

Webサイトの執筆と編集をしています。
PERLU(プルル)公式ライター。
BijinPLOFILE(ビジンプロフィール)所属。

最近は、映画、ドラマ、WebCMに出演することも。

日本一、ネットのあちこちに出没しています。
Twitterのトレンドキーワードと、はてなブックマークを巡回するのが日課。

美容室、コスメ、マンガ、アニメ、ライフハック好き。
アラサーで2児の母。

れい2ちゃんねる

れい2ちゃんねる管理人「空条れいれい」をフォローする

0コメント

  • 1000 / 1000