ネットで、SNSでつながるときに頭の片隅に入れておくこと

Twitter、Facebook、LINE、ブログと、人と人とがネットでつながる環境で


誰でも気軽にネットで発言できる今。
“つながる”の意味をよーく考えてみて。

・どんな方とつながりたいか
・自分はどういう人でありたいか

アメブロなら自分がブログでどう見られているか、ここに着目すればすぐわかります。

他のブロガーさんを見るときも、同じ場所でその人となりがわかります。

私が思う「つながりたい人」「つながりたくない人」

ブログでもTwitterでもFacebookでも、たとえばコメントひとつとっても、「性格を反映してるな」って思うことはしばしばあります。

「今日は二日酔いでだりぃ。帰りてぇー」
「○○の発言、意味不」
「夫は浮気やDVばかりしているけど、専業主婦のオバサンだから、子どものためにガマンして生活してる…ヨヨヨ」

いろんな発言があります。

思うこと、感じること、置かれている立場や、透けて見えるその人のヴィジョン。

人間なので、弱さも、まちがいも、失敗もあります。当たり前です。

愚痴のひとつも言いたいときだってあるでしょう。

ムカッときたら、思わずつぶやきたくなることだってあるかもしれない。

そこでネガティブな感情を駄々もれにしないで、どこかでオチをつける人が好きです。

グチ・カチムカ
⇒「スッキリしたからがんばれる」
⇒「今度は○○でやってみよう!」
⇒「こういう人、こと、モノと認識したからオーライ!」

こんな風に切り換えて、すべてを書き込める人が好き。つながりたい人です。

自分もそういう人間でありたい。

逆に言えば、こういう方は苦手。

「ネガティブなことを書き連ねて、いつまでもそこから這い上がろうとしない方」

「自分では何もしないのに、他人の作ったものや発言にケチをつける方」

「教えてくれて当然、やってもらって当たり前な、依存心、依頼心の強い方」

「読者登録、コメント、RT、シェアなど、こちらにアクションを強要する方」

うん、あんまりつながりたくない。

ネットでの振舞いは、リアルな姿を映す鏡なんだもの。

「目の前にいたらイヤだと感じる人」は、ネットでもおつきあいはできないです。

したくありません。はい。正直に。

最後に。

サイバーエージェントの藤田晋社長の言葉をシェアしてくれた、「ネットとリアル」について言及なさってるエントリーを貼りますね。

アメブロ始めて8年。
14326人とネットからリアルアウトしてみて、「うん!かなり真実」って感じましたよ。






空条れいれい:製作委員会

Webサイトの執筆と編集をしています。
PERLU(プルル)公式ライター。
BijinPLOFILE(ビジンプロフィール)所属。

最近は、映画、ドラマ、WebCMに出演することも。

日本一、ネットのあちこちに出没しています。
Twitterのトレンドキーワードと、はてなブックマークを巡回するのが日課。

美容室、コスメ、マンガ、アニメ、ライフハック好き。
アラサーで2児の母。

れい2ちゃんねる

れい2ちゃんねる管理人「空条れいれい」をフォローする

0コメント

  • 1000 / 1000